看護師ならではの起業

看護師として病院や介護施設の現場で働いてきて、医療現場での仕事よりも他の仕事の方が向いているのではないか、と考える場合があります。その際に現場での経験を活かす方法として、独立して起業することも考えてみましょう。

現場で長い期間働いていると全体像が見えるようになっているため、事業を滞りなく進めるために何が必要かの見識が身についています。また、実際に患者さんや高齢者と接した経験から、何が重要なのか、どういったことが求められているのかについても、自分自身のノウハウとして持っているでしょう。それを基盤に、独立して起業できるのです。

高齢化が急速に進んでいる状況を考えると、介護系で起業するのが得策でしょう。サービスの内容はよく考える必要があります。在宅ケアを求める声が大きいのは、現代の介護の特徴と言えるかもしれません。そのため、訪問看護ステーションを開業するのも賢明な判断です。

起業するためには資金が欠かせないものの、看護師として現場で働いていた場合、普段は忙しくてあまりお金を使う機会がなく、その結果準備金として十分な金額が貯まっている可能性があります。それを元手にしつつ、現場での経験を基盤にして独自の営業方針や事業計画を考えてみると良いでしょう。

看護のプロとしての見識を持っているからこそ、ビジネスを中心として考えている介護事業とは異なる側面を持たせられるに違いありません。その独自性を強みにして、活路を見出していけば、事業が成功する可能性は高いでしょう。
看護師の経験や資格を活かす道としては決して楽な道とは言えませんが、社会の役に立つことができるので、大きなやりがいを感じることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です