経験を活かして働くための注意点

看護師として働いてきた経験を活かす方法としてベストなのは、基本的には医療系なら同じ診療科を選ぶことです。介護系でも同じことが言えます。類似した施設を選ぶことで、それまで身につけてきたスキルを直接活かして働けるでしょう。

しかし、注意しなければならない点が二つあります。
一つは、同じような環境で働けると思って選ぶと、意外に苦労する場合がある点です。知識やスキルの面で必要とされるものは一致していても、現場の慣習にはもちろん違いがあります。個々の仕事の仕方にも違いがあるため、それに慣れるのに苦労する可能性があることは覚えておきましょう。

もう一つは、同じ診療科を選んだ場合、転職の目的が達成できない可能性がある点です。診療科ごとに、類似した慣習や傾向がとられることがあります。現場での医療スタッフの上下関係や、夜勤の多さなどはその典型的なものと言えるかもしれません。
転職で何を求めているのかをよく考えて、目的の達成が見込めて、看護師として働いてきた現場の経験を活かすことができる職場を探すという考え方をするのが重要です。

もし、どの病院やクリニックでも同じような慣習があった場合は、あえて診療科を変えて、新しい知識やスキルを学び直すという視点も必要になるでしょう。
新しい道に進んだとしても、現場で培ってきたコミュニケーション能力や基本的な看護スキル、医学知識などは十分活かすことができます。それまでの経験が無駄になることはなく、スキルの幅を広げることに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です